読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささやかな視点の雑記

奈良に住んでるおっさんの妄想とかボケとか

霊山寺でバラを見てきた話

奈良県にある霊山寺というところに行ってきた。仏教的なところはよく分からないので省略する。ここはバラ園が有名である。どうも睨まれている気がしてならないのだが、この僧侶は「何こっち見とんのや!」と言っているわけでは多分ない。ましてや「デートのじゃますんなや!」とか言うはずがない。今日は何かテレビの撮影をやっていたのである。

ラビアンローズといえば吉川晃司である。なかなか名前が出てこなかった。もう歳かな?吉川晃司よりは年下なんだけどね、一応。

そういえばローズといえばサムライローズは今どうしてるんだろう?吉川晃司が今どうしてるかよりも気になる。


天津乙女と書いて「てんしんおとめ」だと思っていたが「あまつおとめ」のようである。「てんしんおとめ」じゃちっとも日本っぽくないよね、確かに。ましてやお笑いコンビの天津を思い浮かべるようでは駄目である。オタクとエロ詩吟だもんね。


セレッソといえば当然サッカーのセレッソ大阪である。嫁の実家が長居の近くなので馴染み深いチームである、別にファンではないが。それにしてもセレッソって桜じゃなかったっけ?バラ園なんだけど、ここは・・・。


プレイガールといえば・・・。コメントしにくいな。『女性の遊び人。 主に、男性を次々と誘惑したり虜にするような、やり手の女性を意味する。 本来のプレイガールには、恋愛に関することだけでなく多趣味な女性や多才な女性、才色兼備といった意味合いも含まれている。』(Wikipediaより)


だからといってこの女性がプレイガールだと言っているわけではない。決して僧侶を誘惑したり虜にするようなことはないはずである。テレビの撮影のようだし。

えーっと・・・。男子たるもの、これが一番大事である。というかいくつになってもこういう話って好きだよね。基本的にいつまでたっても精神年齢は小学生である。

ちょっと一休み。これはバラのアイスクリームである。綺麗なもんである。こういうものは味については言及しない方がいいようである。当然値段についても・・・。

ベティ・ブーブといえば、有名なアニメに出てくる女性である。子どもの頃、あの絵が実は怖かった。何か人間離れしてるし、不気味だし・・・。あの絵がついたトレーナーとか着てる人いたけど、それならまだピョン吉の方がマシだと思う。

やはり花というのは平和の象徴である。咲き誇るその姿が・・・あれ?ピースはピースでもお笑いコンビの方のことだったか・・・。

この方、お釈迦様のお弟子さんのチュラ・パンタカさんとおっしゃるそうである。決してせんとくんではありません。そしてその横の猫が飼い猫の・・・って、なんやねん、この猫は。まねき猫か?取りあえず仮にタマと命名しておく。

霊山寺ではバラの苗も売っている。ただし時々よく分からないものが売っているようなので注意が必要である。どんな花が咲くかは咲いてのお楽しみ、といったところであろうか。

ルイ14世って・・・。いっそルイ山田53世でええやん。

駄目だ、もう疲れてきた。以上で終わります。ありがとうございました。取りあえず冗談なので怒らないで頂きたいものである。